雲の錦玉子(二色玉子)
a0027360_23425679.jpg

錦玉子の由来は黄身と白身を「金と銀」に、
二色(にしき)に「錦」の意味をかけ
経済発展や豊かな暮らしを願うという意味だそうです。
雲をイメージして作ってみました。鳴門みたいですが(笑)

このメニューの関連ポスト:春節



【材料】
ゆで卵 5個 黄身と白身に分けて使用
砂糖
塩(隠し味程度)
※使用したスノコは手巻き寿司用で2本できました。
ゆで玉子の黄身と白身をそれぞれ裏ごしする。
裏ごしした玉子に砂糖を加える。
甘さはお好みで調整してくださいね。

a0027360_2343433.jpgスノコの上にラップを敷いて白身、黄身の順に厚みを整えながら乗せる。巻き寿司と同じように端からくるくるっと巻く。
※しっかりと巻きましょう^^

a0027360_2344137.jpgもう一度ラップで全体を包んでスノコで巻く。

a0027360_23441632.jpg蒸し器で5分ほど蒸らす。蒸らしすぎると玉子が変色してしまうので気をつけてくださいね!
蒸し上がったらそのまま冷まして冷蔵庫でしっかりと冷やす。
完成♪
材料も作り方もシンプルです。裏ごしに手間が掛かりますが目の細かい裏ごし器を使わなくても味噌こしぐらいの粗い目で充分美味しくできあがります。
購入すると高いので(笑)ぜひ作ってみてください^^
[PR]
by aoitsukinousagi | 2006-01-29 01:40 | 和食っぽいもの
<< 満月鮨 お月さまと雲 「栗金団」 >>