豆腐紅白膾(とうふこうはくなます)
a0027360_22524711.jpg

2006年1月29日は太陰太陽暦の「お正月」1月1日です。
お正月料理を少しだけご紹介します。
「紅白膾」は平和を祈願という意味があるそうです。
僕の故郷ではこの膾が一般的です。
関東の膾とはちょっと違いますね!
白和えのように豆腐を使い胡麻風味がお口の中で広がります^^
酸っぱいのが苦手ーーーという方にもぜひお勧めです♪

このメニューの関連ポスト:春節



【材料】
木綿豆腐 1丁
人参 1本(千切り)
大根 1/3本(千切り)
練り胡麻、塩、砂糖、酢

a0027360_0421951.jpg沸騰したお湯の中に手でちぎった豆腐を入れてしばらく煮る。(2分ぐらい)
※煮ることで豆腐が引き締まります。

a0027360_0423639.jpg千切りにした人参と大根はそれぞれ塩を軽くふって30分ほどそのままにしておく。しんなりとしてきたらガーゼか布巾で包んでしっかりと絞り水分を取り除く。
茹でた豆腐をザルに入れ重石をする。石じゃなくてもいいです(笑)水分をしっかり取り除いて下さいね。

a0027360_0425195.jpg豆腐をすり鉢で滑らかになるまでよく擦る。砂糖、練り胡麻、酢(ほんの少し)を加えてさらによく混ぜる。

a0027360_043329.jpg豆腐に人参と大根を入れてあわせたら完成♪豆腐の白和えのような感じです。
【ポイント】
水分をしっかりと取り除いてください。
よく搾らないとできあがりがベタベタになってしまいます。
すり鉢の代わりにフードプロセッサーでもOKです。ただしミキサーは×。
[PR]
by aoitsukinousagi | 2006-01-29 00:43 | 郷土より
<< お月さまと雲 「栗金団」 Sangria >>